崇敬会発足 間近!!  クラウドファンディングを通じて、全国 いえ世界に
阿波神社様 土御門上皇を知っていただく機会を創出致します。
 
お問合せフォーム
 
先日、約1年(平成26年10月)ぶりに参拝させていただきました。
何かメッセージがあるそうで
微力ながら阿波神社「第八十三代土御門天皇を御祭神」の宣伝をさせていただきます。
 
 
    阿波神社について
 
阿波神社略記
 阿波神社は、第八十三代土御門天皇を御祭神として奉祀致し ております。
土御門天皇は第八十二代後鳥羽天皇の第一皇子 (御諱為仁親王)として、建久六年十二月二日(一一九五年) に御生誕、同九年三月三日四歳で御即位、元久二年一月三日 (一二○五年)十一歳で元服されました。

 承元四年十一月二十五日(一二一○年)十六歳のとき、後鳥 羽上皇の御希望により、御在位十三年で、第三皇子守成親王 (第八十四代順徳天皇)に譲位されました。

 承久の乱(承久三年[一二二一年])により後鳥羽上皇は隠 岐へ、順徳天皇は佐渡に流されたため、土御門上皇のみ都にと どまることを由とせず、自ら御希望により同年十月土佐の畑に ご遷幸されました。
 
土佐にご在留中北条氏は度々御帰京をすす められましたが応じられないため、せめて少しでも京都に近い 所として、貞応二年五月二十七日(一二二三年)土佐ご駐留約 一年半後阿波にご遷幸、約九年間御滞在されましたが、寛喜三 年十月十一日(一二三一年)三十七歳で当地におきまして崩御 され、御火葬されました。

 上皇は大変温和であり、御情が深く、争いごとは好まれず、 人の喜び、悲しみ等は良く理解されるご性格でありました。

 又、和歌には造詣が深く、藤原家隆や定家を師と仰ぎ、その 歌風は流麗な新古今風であり、家隆の歌調であると云われてお ります。

 土佐へ御遷幸の途中、須磨から船で四国へ渡られるとき、又 土佐での御製も多く
        
                                撮影:平成26年10月8日  

須磨の浦いはうつなみの音はして   
   人をとどむる関はなかりき

吹く風のめにみぬかたを都とて
   しのぷもくるしゆふぐれの空

雲居よりやどりなれにしそでの月
   いかにはれる涙とか見る

秋ごとにわすれぬ雁のこゑ聞けぱ
   たちわかれにし人ぞ恋しき

「阿波の国」と題した
  (ア)秋風の (ハ)はらいし宿は (ノ)野となりて
    (ク)ぐずのうら葉ぞ (ニ)庭にのこれる
 
 など、五百五十余首が「土御門御百首」や「土御門院御集」 として残されております。
 本県におきましては、上皇の御懿徳を顕揚し、かつ御心霊を 慰め奉るため神砥院の指導の下、県社寺課の設計監督により皇 紀二千六百年の記念事業として、全県民の浄財と勤労奉仕約七 万名により、社殿の規模が狭小であった丸山神社を改築し、阿 波神社と改称して、昭和十八年十月に竣工、同年十一月県議会 は四国唯一の官幣大社に昇格方奏上書を提出、内定されました が、終戦により日本全国の神社社格の廃止により、現在に至っ ております。   
 
 
阿波神社様へ、ご参拝 足をお運びください。
 
大社へ昇格していただきたいです。  神宮へ
 
 〒779-0303 徳島県鳴門市大麻町池谷大石85−1  地図
          088-689-0024